副業が会社にバレたくないあなたへ送る記事

2018年4月30日

f:id:stonesharp-man:20180226204600p:plain
副業で月に5万円?もしかしたら10万円!?稼いでいるそこのあなた!税金対策は本当に大丈夫ですか?確かに本業の仕事以外の副業で月5万円、10万円稼げたら、あなたは同じ会社に勤めている同僚よりも、毎月多く貯金ができますし、ちょっと質の高い美味しいご飯が食べられたり、恋人へブランド品のプレゼントを送ることが出来たり、趣味にお金を多くかけることが出来るかもしれません。しかし、そんな良い思いがずっと続く訳がありません。ちゃんと稼いだ分だけ税金を納めないとこの国では生きてはいけないのです。
もし、本業以外の副収入があるのに税金を納めなかった場合、予期せぬ形であなたに不幸が降りかかってしまうかもしれません。いきなり税務署からの通知が届いたり、翌日会社に出社したら、いきなり上司に肩を叩かれるかも!?想像するだけで怖いですよね・・・
今日はそんなあなたに会社にバレない、税務署に突かれない副業の仕方についてお教えします。

なぜ副業が会社にバレるのか?

f:id:stonesharp-man:20180226210802p:plain
それではなぜ副業は会社にバレてしまうのか?ですが、それには無数の理由があります。ちなみに私の周りで副業が会社にバレてしまった人には下記のような理由に属する人たちが多いです。

  • ついつい同僚や友人に喋ってしまった
  • 副業をしているところを会社の人に目撃された
  • 年間20万円以上の副収入があるのに確定申告しなかった!?

ついつい同僚や友人に喋ってしまった

会社にバレる理由としてこのパターンが最も私の周りでは多いのではないかと思います。口の軽い人は十分に気をつけましょう。しかし、口の硬い人でも、お酒の席や気分が良くなるとついつい副収入について喋ってしまうことが多いいです。みなさん考えてみてください。あなたは月に副業で10万円稼いでおり、調子に乗っています。そんな時、人はどうしても自慢したくなってしまうのです。それに更に拍車をかけるように飲み会などで、お酒を飲んで気持ちよくなったあなたは、ついつい自分のしている稼げる副業の話を周りに話してしまします。そうなったら、ジ、エンド・・・噂は風の如く会社中に知れ渡り、人事部に伝わるのにも時間はかからないでしょう。そのため、副業で稼いでいる人は調子に乗らず、常に冷静に謙虚な気持ちでいることが大切です。
アドバイスになってないやないかーいと思う方もいるでしょうが、やはり少し副業で稼げたからと言ってあまり調子に乗らないことが大切です。私も学生時代は、飲み会でせどりや転売で稼いだ話を周りに引きらかしていた時期があります。しかし、そういう景気の良い話をした時は決まって「そんなに稼いでるなら、今日の飲み会はお前もちな!」と言われます。なので景気の良い話をされると周りに疎まれるどころか、食い物にされるので、注意が必要です。

副業をしているところを会社の人に目撃された!

この事例に当てはまる人は主に、本業の仕事以外に外で、アルバイトをしていたり、日雇いの仕事をしていたりと外でお客さんとコミュニケーションを取る接客などの仕事をしている人が多いです。みなさんが思っているよりも世間はとても狭いので、周りに喋っていないからと言って、必ずしもバレないという確証はありません。また、外に出て働くパターンの他にネットを用いて、アフィリエイトや転売、せどり、youtuberなどをしている人もバレないという保証はありません。ブログなどでアフィリエイト収入を得ている人もブログの読者が勤め先の会社の人だったり、せどりで売った商品の購入者が知り合いだったり、自分の投稿した動画の視聴者が知り合いだったりと、可能性は低いですが、インターネットを利用した副業でも、身元のわかってしまうような個人情報ををよく載せたりしているとバレる可能性は非常に高まります。

年間20万円以上の副収入があるのに確定申告をしなかった!?

このパターンは上の事例に比べて、抑えることを抑えて、それなりの知識があれば防げるのでご安心ください。更にこのことを知らないと、会社どころか、税務署(国)に対して、更に多く追徴金として税金を払わされることになるのです。実は副業は、ある一定のライン(年収20万円以上)を越えると税務署に刺される可能性が高まります。副業でそれなりの稼いでいる人は、このラインを余裕で超えてくると思うので、ぜひ知っておいて損はないです。

確定申告とは?

f:id:stonesharp-man:20180226224726p:plain
確定申告とは、所得にかかる税金(所得税及び復興特別所得税)の額を計算し、税金を支払うための手続きです。個人の所得の計算期間は1月1日から12月31日の1年間。確定申告書や決算書などの必要書類をそろえて、翌年の2月16日から3月15日(土日の場合は翌月曜日)までに税務署に申告・納税します。人によっては、確定申告を行うことによって「納めすぎた税金が還付金として手元に戻ってくる」場合(還付申告)もあります。
よく自営業を営んでいる人や小さい会社の経営者などは、この確定申告を必ず行なっています。そうしないと企業に勤めている会社員と違い所得税を支払うスキームがないためです。
例えば、会社勤めの人が副業で年間20万円以上の収入を得ていると、会社が税金を多く支払うことになります。なぜなら会社は従業員のために、本来、従業員が支払うはずの100%のうちの50%を国に支払っています。なので、もしあなたの収入が急激に増えた時、会社は支払っている給与分の税金以上に国へ多くの税金を支払うことになります。そのため、あなたの副収入が増えたことが税務署にバレた場合は、税務署からあなたの会社に連絡が行くことになり、最終的にバレてしまうのです。しかし裏を返せば、確定申告さえしていれば、税務署から連絡が行くことはないので、安心してください。
ちなみにここでいう必要書類とは、売上(収入)を得るのに対して、どれだけ費用が発生したかを証明する書類です。例えば、年収1000万円稼いでいるにもかかわらず、それに要した費用を証明できないと1000万円全てに対して税金が課されてしまうのです。この場合、税率は33%となり、330万円が税金として持って行かれてしまいます。しかし、1000万円を売り上げるのに500万円の費用が発生したとしましょう。そうなれば実際に儲けることのできた利益は500万円になるのです。そして500万円に課される税率は20%となるので、100万円を税金として支払います。その差230万円です!確定申告を知っているのと知らないのでは支払う税金が全然変わってきますね。
ちなみに副業でもポピュラーな転売やせどりで稼いでいる人は、さらに慎重ならなければいけません。なぜなら、転売などで稼いでいる人は、上記証明がないと、売上全てに対して税金が課されてしまうのです。これを聞いたら転売ヤーにとってはどれだけヤバいかがわかるはずです。月100万円売り上げに対して、60万円の仕入れが必要になったとします。その利益40万円ですが、100万円に対しての税金が発生するのです。
なので、副業で稼いでいる皆さんは十分に税金対策をしましょう。

最後に

ここまで、ご購読いただきありがとうございました。 今日は会社に副業がバレたくないあなたへ、会社に副業がバレる理由についてご紹介してきました。この記事が副業をしているみなさんのお役に立てたら幸いです。
ちなみに筆者のほかブログでは稼げる副業情報をじゃんじゃん執筆していますので、ぜひご参考にしてみてください。リンク貼っておきます。

それでは今後もみなさんお役に立つ副業情報をどんどん発信していきますので、よろしくお願いします。
HAVE A  NICE DAY!!