オナ禁が自律神経のバランスを保つ!?〜オナ禁効果が自律神経失調症を改善する〜



オナ禁による効果として、自律神経のバランスが保たれることは有名ですね。オナニーの頻度が高い人の特徴は女性を前にした時、ドキドキと動機が走ったり、常に緊張している人が多いです。それは自律神経のを司る交感神経が優位になっているからなのかもしれません。
よくオナ禁をするとモテる!と聞きますが、なぜそんなことが起こるのでしょうか?それには2つの原因が考えられます。オナ禁による容姿の変化と内面の変化の2つが深く関わってくるかと思います。今日は後者のオナ禁による内面の変化に焦点を当てて、ご紹介していきたいと思います。

オナ禁と自律神経の関係性

オナ禁と自律神経との関係は深く結びついています。とその前に「そもそも自律神経とはなんぞや?」という方のために自律神経についてご説明していきます。
自律神経とは交感神経副交感神経の2つからなる神経系のことで、その働きは体内の循環器、呼吸器、消化器や身体の発汗、体温調整、代謝などを24時間休まず調整してくれている神経のことです。主に朝や日中などの体が活動する時間帯は交感神経が優位になり、逆に夜は睡眠、休息など身体を休める(リラックスしている)時間でもあるので副交感神経が優位になります。この2つのバランスが崩れると身体全体に様々な不調が現れます。
 

自律神経のバランスが崩れることによって起こる不調とは?


めまい、体の一部が震える、冷や汗が出る、吐き気、熱、立ちくらみ、朝の寝起きが悪い、頭痛、緊張するような場面ではないのに緊張する、人間不信、うつ病、情緒不安定、不安感、イライラ、被害妄想、etc…


などなど、自律神経が呼吸、発汗、体温調整等の調整をする働きを持つだけあって、そこから来る不調は見ての通りですね。
「なんでオナ禁が自律神経と関係あるの?」と思われた方、安心してください。順を追って説明していきます。オナニー(射精)をすると筋肉活動を行うことになるので、交感神経が活発化するといわれています。一回の射精は100mを全力ダッシュした時の疲労感と同じと言われています。(;個人的には翌日の疲労度合いを鑑みると3000m全力ダッシュした時と同じと言いたいところですが…
もしあなたが、毎日寝る前にオナニー(100mの全力ダッシュ)をしていたら、本来体を休め、副交感神経が優位になっているはずの状態を、オナニーをすることによって交感神経を無理に活性化させていることになります。これが自律神経のバランスを壊し、不調を生み出す原因になるのです。(;オナニーしたらすぐ寝るから、副交感神経は優位になるんでしょ?と勘違いされる方もいるかもしれませんが、オナニーした後、ベットに入るも体がドキドキと緊張して寝られない・・・なんてことを経験された方は多くいるかと思います。その間の時間も交感神経が活発になっているので注意です。
 

オナ禁すると自律神経のバランスが保てる


前章でも述べたように、オナニーの頻度の多い人は常に交感神経が活発化しているため、交感神経優位の不調を起こしやすいです。例えば、日常生活の中で緊張する場面でもないのにドキドキしたり、動機が走る、発汗など、これらの症状がイライラの原因いなったり、うつ病になったり、時には人間関係を悪化させることもあります。
なので、自律神経のバランスを保つためにはオナ禁をする(オナニーの頻度を控える)ことが重要です。
オナ禁をすることによって、副交感神経を優位にすることができるため、身体を休ませる(リラックスさせる)ことができます。副交感神経を優位にさせることにより、今まで、落ち着きのなかった性格や緊張しやすいと言った悩みも改善され、常にリラックスした状態で日常生活を送ることができます。オナ禁によるモテ効果として、緊張せず女性とコミュニケーションを取れるようになることを要因としてあげましたが、これは女性と話す時でも副交感神経が優位になっているため、落ち着いた振る舞いがてきているのかもしれませんね。
 

オナ禁の期間はどのくらい?


オナ禁することによって自律神経のバランスが保たれるということは理解していただけたかと思います。しかし、
「オナ禁って具体的に何日すれば良いの?」
と思われる方はいるかと思われます。具体的に一般的に言われているオナ禁効果を得られるのは7日目と言われています。下記のグラフを見てみてください。

これはハワイ大学の論文から一部を抜粋したものになります。内容として「テストステロン値が最高値に達するのはejaculation(射精)の7日後」と記載されています。よくオナ禁効果の原因は、テストステロンの分泌量がオナ禁効果に反映されていると言われています。このテストステロンが最高値に達するタイミングが7日目となります。
経験談からオナ禁効果が目に見えて現れだしたのは3ヶ月目!?
確かに上記の研究結果では7日目がオナ禁効果を得られるタイミングだと記載されています。もちろん、科学的な根拠がある前では私の経験談など、無に等しいですが…。私が目に見えてオナ禁効果を感じられたのはオナ禁開始3ヶ月目のことです。
この3ヶ月とは精子生成のサイクルタイムと一致します。3ヶ月目になると、むしろ副交感神経が優位になりすぎて、どんな状況下でもリラックスした状態になります(;経験談。そのせいか、常に頭が冴え渡り、感覚がとても鋭敏になります。(;これがネットで言われるスーパーサイヤ人2の効果か!と実感できました。
 

まとめ

皆さんいかがでしょうか。本日はオナ禁と自律神経の関係について執筆してきました。落ち着きのある男性は女性の目からは魅力的に映るものです。もし、皆さんが緊張しやすい体質、日常生活でドキドキすることが多い、動機、発汗、人間関係に悩みがあるなどのお悩みを抱えている方がいれば是非オナ禁を試してみてください。
最後にオナ禁効果を最大限に高めるサプリメントのご紹介をしていきたいと思います。



オナ禁効果を最大限に高めるサプリメントを最安値で購入できるのはこちら!