オナ禁効果を最大限に高める食べ物5選!〜テストステロンを増やす食べ物とは!?〜

みなさんオナ禁についてはご存知でしょうか。オナ禁とは文字通りオナニーを一定の期間禁止することです。近頃このオナ禁によって得られるメリットがすごい!と注目を集めています。この記事を読んでいる方はすでに他のオナ禁に関する記事を読んでいる方が大半だだと思われるので割愛させていただきます。まだ「オナ禁によって得られる効果ってなに!?」という方のために筆者が執筆したオナ禁によって得られるメリットについて綴った記事があるので是非参考にしてみてください。

オナ禁効果を最大限に高める食べ物5選

なぜオナ禁によってられる効果は魅力的なものばかりです。頭が良くなる、モテる、コミュニケーション能力が高くなる、イケメン(中性的な顔つき)になる。など、にわかには信じがたいものばかりです。しかし、オナ禁をしたからと言って上記のような効果が現れると行っても科学的根拠は?となってしまいます。

その理由はオナ禁によって得られる効果は「テストステロンの分泌量」と密接に繋がっています。なので、言い換えればテストステロンの分泌量を増やすための食べ物についてご紹介していきます。

 

タンパク質

テストステロンの分泌量を増やす上で最も効果的と言われているのがタンパク質です。肉や魚はもちろんのこと、卵や乳製品、大豆製品など、必須アミノ酸を多く含む食材の摂取はテストステロンの増加には必要不可欠です。

昔からオナニーをすると大量のタンパク質を消費すると言われていますが、この因果関係を鑑みるにオナニーをする→タンパク質を消費→テストステロンが増えないと言った因果関係が伺えますね。ちなみに私は普段から豆乳を摂るように心がけています。肉などのタンパク源はテストステロンを増やすのに効果的ですが、食べ過ぎると胃に大きな負荷をかけます。そのため、腸内環境悪化の原因ともなり、肌質などに悪影響を及ぼす可能性があるからです。(;趣旨は少しずれてしまいますが、オナ禁効果によるメリットとして美肌効果も含まれるので、健康な肌を保つことを目的としてオナ禁をされる方には肉の食べ過ぎはあまりオススメしません。

 

亜鉛

亜鉛もテストステロンを増やす上では効果的な食材だと言われています。韓国で行われた研究結果では「髪の毛の含まれる亜鉛濃度が濃い男性は総じてテストステロン値が高い」(Chang et al. Biol Trace Elem Res. 2011)との研究結果が出ており、亜鉛の継続的な摂取は高いテストステロンレベルを保つ上で必要であることがわかります。

一般的に亜鉛が多く含まれる食材は「牡蠣」と言われていますが、他にもカツオやパプリカ、豚肉、貝類は亜鉛が豊富に含まれていると言われています。ちなみに多くの亜鉛を一般的な食べ物から摂取しようとすると、それなりに費用、手間がかかるのでサプリメントで補うことのもオススメです。

 

玉ねぎ、にんにく(硫黄化合物)

玉ねぎやニンニク、ネギは硫黄化合物と呼べれており、含硫アミノ酸を含みます。この含硫アミノ酸がテストステロン値を増加させるのに効果的な栄養素だと言われています。実際の研究結果に玉ねぎのエキスを含んだ水をマウスに与えたところ、テストステロンの量が2倍に増えたことが研究で分かっています。

玉ねぎがテストステロンの分泌量を増やすのに効果的な食材だとは初耳でしたが、オナ禁効果の1つに免疫力のアップがあります。風邪の時には玉ねぎが効く!とは昔からいいますが、そういったところにも関係があるのではないかと思います。

 

ナッツ類、オリーブオイル、ココナッツオイル(不飽和脂肪酸・飽和脂肪酸)

脂質を健康的にあまり良い栄養素ではないと思われがちですが、良質な脂肪分はテストステロンの分泌を促進することがわかっています。「良質な脂肪酸とはなんぞや!?」って話ですが、単不飽和脂肪酸や多価不飽和脂肪酸、また飽和脂肪酸を含みます。実際に上記で紹介した脂肪酸を含む食材は記となります。

オリーブやオリーブオイルココナツやココナツオイル ・品質のよい無塩バター
アーモンドなどのナッツ類 ・卵の黄身 ・アボガド ・赤身肉

などがテストステロンを分泌量を増やします。

 

ビタミンD

日本人の50%にも上る割合がビタミンDが欠乏しているって知っていましたか?ビタミンDには筋力づくりには最適な栄養素です。つまり、テストステロンの分泌量を増やします。オナ禁効果には筋力がつきやすくなるといった効果も挙げられています。つまりそのサイクルを表すと下記のようなります。

ビタミンD摂取→テストステロン増加→筋力UP

といったサイクルが成り立ちます。しかしビタミンD単体での効果が薄く、テストステロン向上のためにはビタミンD ✖ タンパク質の相乗効果かによって、本来の力発揮します。

ちなみにビタミンDを多く含む食材はしいたけやしめじなどのきのこ類の他、レバーやイワシ、カツオなどの魚類に多く含まれます。

 

最後に

みなさんいかがでしょうか。今日はオナ禁効果、すなわちテストステロンの分泌を促進する食べ物についてご紹介してきました。よくオナ禁効果を得られる最低限の日数は1週間以降と言われていますが、もしかしたら、本日紹介した食材を効果的に摂取することができれば、短期間でオナ禁効果を体感できるかもしれません。