断食1週間目に訪れた神の境地

断食とは一定の期間飲食を経つことで心身の自浄を測る目的で古くから行われてきました。日本でも仏教に属する僧侶が修行の一環として断食を行うことで知られています。

また世界中の宗教を見ても、イスラム教ではラマダーンと呼ばれる宗教活動の一環として断食が行われています。断食の目的はそれぞれで、忍耐力に向上や飢餓に苦しむ人々の気持ちの共感など宗教的な活動である反面、現代では身体の健康維持のために行う医療面での役割も果たします。

 

断食の目的

私が断食を実施しようと思ったきっかけは、「断食をしよう!」と思って断食を始めたわけではありません。何おかいわんや、ダイエットや健康のためではなく、期せずして断食をする結果となったからです。当時、学生だった私は自宅にも帰らず、大学→バイトを往復するだけの生活を行なっていました。

日中の大学→図書館で勉強→夜間にアルバイト→大学の生活をしており、寝る時間がほとんどなく、1週間の睡眠時間は約10時間ほどでした。そうなると必然的に食欲が湧かなくなってくるんですねぇ、不思議なことに。胃がものを受け付けない状態になってしまったわけです。

その結果、1週間何も食べていない状態に陥ったわけです。もちろん、睡魔を回避するために1日3〜5本のエナジードリンクは摂取していましたが(笑…

そんな生活を繰り返していた私が断食1週間目に感じた明らかな体調変化についてご紹介していきます。

 

断食1週間目に感じた5つの体調変化

この章では実際に断食を1週間以上経験した私が感じた5つの体調変化についてご紹介します。他にも断食日記などを執筆している筆者さんのブログを読むと似たような効果を書かれている筆者の方もいたので、断食を行うこと得られる効果には共通点があるのだと思います。

 

空腹感がない

「え?食べ物を食べていないならお腹が減るんじゃないの?」と思われる方はいるでしょう。それは間違っていません。事実です。確かにお腹は減ります…

断食3日目までは…

しかし断食3日目以降、空腹感は消え失せます。言葉で表現するのは難しいですが、お腹がいっぱいで空腹感がないというわけではなく、胃が食べ物を受け付けなくなるというか…。食事を取らずとも大丈夫そう。という感覚に陥ります。

また個人的に興味深かったのは便通がとても良くなったことです。断食1週間を迎えた時にサバ缶を1缶だけ食べたのですが、食べた直後に便意が催され、食後10分と経たないうちに便が出ました。まさに食べた物がそのまま便に変わったかのような感覚でした。

 

体重が減らない

「食べ物を食べなければ体重が減る!と思いますよね?」確かに断食を始めて4日目位までは1日約1キロくらいのペースで体重が減り続けました。しかし、それ以降体重が全く減らなくなったのです。不思議ですよねぇ。おそらく、食事を摂取しないことで身体の防衛本能が働いたのでしょう。目に見えて、こういった変化が現れたのは個人的にはとても興味深かったです。

と思いきや断食8日目〜、体重がみるみる減り始めました。(ちなみ言っていませんでしたが断食は11日間継続しました笑

それ断食8日目以降は体重が0.3~0.5kg/dayのペースで体重が減り始めました。このころになると動くのが面倒臭くなり、1つ1つの行動に重さを感じるようになります。何気なく使っていた箸やリモコンが重さを感じるようになりました。

 

五感が研ぎ澄まされる

個人的に断食において顕著に感じられた効果がこの「五感が研ぎ澄まされる」かもしれません。五感とは、人や動物が外界を感知するための感覚機能のことで、視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚を総じて五感と言います。そのうち、聴覚、味覚、嗅覚の感覚が鋭くなったように感じました。

言葉で説明するのが難しいですが、聴覚が研ぎ澄まされ何百m先の音も聞き取れるようになったかのような感覚です。味覚や嗅覚についても、断食を終えて始めて食べ物を口に運んだ時、口の中全体に食べ物が味が広がるような、まさにこれまでで食べてきた中でまさに食べ物を美味しく感じられました。言葉での表現が非常に難しいですが、上で挙げたLUCYという映画があります。

その1つのシーンで主演の女優がある薬物を大量に摂取したことにより、感覚が研ぎ澄まされ、数キロメートル先の人の会話を聞き取っているようなワンシーンがありますが、まさにそれに近い感覚でした。

 

洞察力が鋭くなる

断食をすると洞察力が非常に鋭くなります。上記で挙げた五感のうちの触覚が鋭くなったような感覚です。特に洞察力が鋭くなったと感じられたのは、人と会話している時です。会話している人の言葉や仕草から相手が何を考えているのか、その時の感情が読み取れるような感覚です。

人と会話しているのがまさにゲームのような感覚で、次に相手の話すことが読めて、相手を会話で誘導するのがとても上手くなったようで、人とコミュニケーションを取ることに楽しみを覚えました。

 

記憶力が良くなる

記憶力が確かに良くなります。具体的にどう良くなったか、というと大学の講義を予習する必要がなくなりました。講義で一回聞いた内容は忘れなくなりました。他にも自分で学習している時も、一回読めば忘れなくなる。と行った具合に、以前よりも勉強の効率が飛躍的に上がったような気がします。

また言葉で説明するのが難しいですが、人の話していることが腹に落ちるといいますか、相手が反していることを忘れなくなりました。

 

まとめ

みなさんいかがでしょうか。本日は私の断食の体験談についてご紹介してきました。ちなみにこの時の断食は最高で11日間の断食が続きました。

上記のようなメリットがありながら、「なぜ11日目で断食をやめたのか?」と気になる方もいるでしょう。話のオチは、断食11日目にして岩盤浴を訪れた私は、サウナから出た後、めまいで倒れたからです。

もし断食にトライをしようと思われる方は十分に注意して断食を実施するようにしましょう。

近頃は月曜断食と呼ばれる断食方法が流行っているそうで、週に一日断食をおこうなことが健康に良いとされています。断食をされる方はまず月曜断食から初めてみるのも良いかもしれません。筆者が過去に月曜断食についての記事を執筆したので是非参考にしてみてください。