TOEICにオススメの参考書(問題集と単語帳)〜目指せ!TOEIC800点!〜

世はまさに「大英語時代!」

企業は英語ができる人材を求め!それに呼応するがごとく求職者たちは英語力を身に付けるべく、留学を始め、英検、TOEFL、IELTS、TOEICと言った英語力を計測するための資格を受験し始めた!!

日本は今!グローバルの波に飲まれつつあるのだ!

っと前置きはここまでにして、本題に入っていきたいと思います。「皆さんTOEICに対してどのようなイメージを持っていますか?」英語力を測る試験?ビジネス英語を身につける上では必要不可欠な資格?と本当にTOEICがあなたの英語力を表すのに十分な材料になるでしょうか。世の中にはTOEICが高得点を取れる人でも英語を馳せせない人が五万といます。

そうTOEICは英語力を測る試験としては心もとない試験なんです。しかし、多くの日本企業はTOEICが英語力を表す試験だと疑わず、求職者にTOEICの点数を課しています。

だからこそ!チャンスなんです!企業がTOEICの高得点ホルダー=英語ができる人と勘違いしている今がチャンス!なんです。TOEICは英語力を測る上で心もとない試験だといましたが、なぜかというとTOEICは市販で販売されている問題集や単語帳に取り組めば、それなりに高得点が取れてしまう試験なのです!

今日はTOEICで800点を目指す上で必要不可欠な問題集、単語帳についてご紹介していきます。(;と偉そうに言っては見たものの、お前はどうなんだ!と突っ込まれそうなので私のTOEICスコアをご紹介しておくと、880点+英検準1級+通訳案内士の資格と国内で英語を教える上では十分とは言えないまでも、アドバイスできるくらいの英語力を備えていると思っています。

 

TOEIC800点を目指す上で効果的な単語帳5選!

本章では、私がTOEIC800点を達成した時に使用したTOEICの単語等についてご紹介します。よくTOEICの勉強を始める時に、いきなり問題集を購入し、問題文が読めずに挫折していく人がいます。もちろんボキャブラリーが豊富な人は、このステップを飛ばしても問題ないですが、受験勉強のみでビジネス英語が知らない方や、英語をビジネスの場で活用したことのない人は、単語帳から番協してみるのがベストであり、最も効率的です。

 

TOEIC L&R TEST 出る単特急 金のフレーズ(TOEIC TEST 特急シリーズ)

出ました!一発目からTOEIC対策の大定番!金のフレーズ。これは通称「金フレ」とも呼ばれ、TOEIC高得点ホルダーなら誰も活用したことのある単語帳ではないでしょうか。正直、はじめにこの単語帳を使用した時、はじめは発音記号が載ってないし、連続して学習する単語と単語に関連性が薄く、定着するのかよ!コレ!と思っていました。しかし、実際に使用してみると、「この単語帳に載っている単語全てがTOEICに出ているんじゃないか?」と思えるほど、よくTOEICの出題傾向を抑えてあります。

短期間でTOEICの点数を上げたい人にとっては最も時間対効果が高い単語帳なので、オススメです!

 

TOEIC(R)L&R TEST英単語スピードマスター

本屋のTOEICコーナーでひときわ目を引く、この黒くて分厚い単語帳「TOEIC スピードマスター」このシリーズもTOEICに興味のある人なら一度は身に覚えがあるはず!分厚いし、全て単語を覚えられる気がしない!と購入をためらう人もいるかもしれませんが、内容は工夫されており、1つの頻出単語に対し、複数の類義語、反義語も同時に覚えられるよう工夫されているので、単語の定着率が非常に高いです。例えば「魅力」という名詞に対して attraction, charm, alure, glamorなど同じ意味の類義語を紹介することによって単語力を定着させます。

TOEICのパート7(長文読解)では、下線部と同じ意味の単語を選択せよ!という問題が必ず出題されるので、その問題も十分にカバーできるので、是非オススメです。(;この単語帳のおかげで、過去に一度も類義語問題を間違えたことはありません!(自慢)

 

DUO 3.0

正直この単語帳はあまりTOEICの試験に対して効果的ではありません・・・。ではなぜDUO 3.0を取り上げたかと言うと、英語の基礎ができていな人向けの単語帳だからです。ここで言う、英語の基礎ができていない人=高校までの英語の勉強が不十分な人、です。今やTOEICは、英語が得意ではない人も、会社や学校でも強制的に受けさせられるようになってきました。それに加え、TOEICのスコアで出世や成績が決まってしまうなんて、溜まったものじゃありません!

そんな人向けにオススメなのが、このDUO 3.0です!まぁなんと言うかTOEIC対策というよりは大学受験用の単語帳です。(大学受験用最強の英単語帳です笑)

 

[新形式問題対応/音声DL付]改訂版 キクタン TOEIC TEST SCORE 800 キクタンTOEICシリーズ

最後にオススメするのが、この「[キクタン TOEIC TEST SCORE 800 キクタンTOEICシリーズ」です。こちらも英語の単語学習では根強い人気を誇る「キクタン」シリーズ。しかし、TOEIC対策には一歩出遅れているような感じもあります。ブックタイトルにもあるように、聞いて単語を覚えられる単語帳です。英語学習において最も大切なことは、目で見て覚えるより、聞いて覚えることです。だって発音がわからない単語を聞いて、意味がわかりますか?なんてったって、TOEICは200問のうち100問、半分がリスニング問題です。発音を知らないだけでう、445点を損します。TOEICで最も得点が取れやすい問題がリスニング問題です。なので、このキクタンシリーズも是非試して見てください。(;ちなみに私はこの単語帳を使った後のリスニングの点数は445点です。つまり、フルスコアですね。リスニングだけですけど笑

 

まとめ

皆さんいかがでしたでしょうか。今日はTOEICでオススメの単語帳についてご紹介してきました。私はこれら4冊の単語帳しか試していませんが、TOEIC880点を達成することができました。是非皆さんも試して見てください。次回は問題集についてご紹介していきます。

話は変わりますが、参考書とにらめっこしていても本当の英語力は身につきません。そのためには英語が話すことが重要です。もしあなたが、TOEICのその先を見据えている場合は、是非英語を喋る練習をして見てください。今はインターネットを通じて簡単にオンライン英会話をすることができます。私が活用しているオンライン英会話のサイトをご紹介しておきますので、是非活用して見てください。

\24時間いつでもどこでも話せるオンライン英会話/