人生が充実してない奴はオナ禁を真っ先にしろ!〜オナ禁効果があなたの人生を劇的に変える〜

小学生の頃覚えていますか?学校の授業が終わり、放課後にクラスメートと達と遊びまわったあの日々を、今では忘れてしまった当時の純真無垢なあの感情、あの頃はオナニーなんぞに没頭することなく、人と遊ぶことが生きがいのような毎日でした。

オナ禁には、当時の純真無垢な気持ちを思い出させる効果があります。今あなたの人生は充実していますか?楽しいですか?そんな方へ人生の幸福度が低いと感じる方へ是非オナ禁をすることをオススメします。

 

オナ禁によって得られる効果

オナ禁とは文字通り、オナニーを禁止すること(禁欲)をすることです。「なぜ、そんな苦行をしなければならないんだ!?」と不思議に思う方多分にいるでしょう。オナニーという行為は男性にとって娯楽の1つでもあり、それを禁止することは人生の楽しみを1つ減らすことにもつながります。

しかし、昨今「オナ禁による効果がすごい!」とネット上及び書籍、科学的知見から見ても話題となっています。内容が内容だけにメディアや大衆にさらされることはありませんが、その効果はどれも男性にとって魅力的なものばかりです。

過去に「オナ禁によって得られる効能」について執筆した記事があるので、是非ご参照ください。

 

簡単にオナ禁効果をまとめると!?

  • テストステロン値が上昇する
  • イケメン(中世的な顔つき)になる
  • スタイリッシュな体型になる
  • ポジティブ思考になる
  • コミュニケーション力が向上する
  • 髪の毛がサラサラになる
  • 体臭改善
  • 頭が良くなる などエトセトラ、エトセトラ・・・

 

オナ禁には「体臭改善や髪質の変化、体型の変化、イケメンになる」などの外面的変化に加え、ポジティブ思考や脳機能の改善、コミュ力の向上と言った内面的(精神面)にも大きな影響を及ぼす効果があるようだ。どれも男性にとって魅力的な効能ばかりだが、その真偽は不透明であり、検証の余地があるようだ。

 オナ猿

本当にこれだけ魅力的な効果が得られるんだったら、オナ禁にも一考の余地があるかもしれないな!しかし、オナ禁の効果の真偽を確かめてからだ!!

 

↓オナ禁効果エビデンス↓

など、エビデンスを列挙したらキリがないのでここら辺で割愛するとして、実際にオナ禁効果を実感している人々の感想を眺めていると、同様の効果を実感している人が多く見られたため、一概にオナ禁効果を否定することは出来ないようだ。

 

オナ禁効果を科学的に分析してみた

前章ではオナ禁の効果を実際に体験した人の感想を元にオナ禁効果の真偽を確かめたが、「科学的な根拠がないと信じられない!」という理系の皆さん!安心してください!しっかり科学的根拠はあります!STAP細胞じゃありませんよ笑

そもそもオナ禁(禁欲)することによって体内で分泌が促進されるホルモンがあります。

それが「テストステロン」と呼ばれる男性ホルモンです。男性ホルモンには「テストステロン」と「ジビドロテストステロン」と呼ばれる2つのホルモンで構成されています。

しかし、この2つのホルモン!同じ男性ホルモンでありながら真逆の性質を持つホルモンです。テストステロンは別名「モテホルモン」、ジビドロテストステロンは「ブサイクホルモンと呼ばれています。その2つ名を聞けばわかる通り、前者は男性の魅力的な部分(モテ効果)を引き出し、後者は男性の醜い部分(ブサイク)を助長するホルモンです。

これら2つのホルモンの特性や働きについてまとめてみました。

 

テストステロン
●性欲を上げる
●記憶力・集中力を上げる
●モチベーションのアップ
●筋肉量アップと維持
●生活習慣病の予防、健康増進
●精神を安定に保つ
●アンチエイジング効果

 

ジビドロテストステロン
●頭髪の脱毛を引き起こす
●体毛の増加
●前立腺肥大
●皮脂の分泌

 

テストステロンの特性を眺めていると「あれ!?どこかで見覚えないか?」と思われた方!鋭いですね!実はテストステロンの働きと「オナ禁によって得られる効果」には酷似した効能があることが分かります。つまり、オナ禁効果はテストステロンの分泌量が増えることによってもたらされる効能なのです!

逆にジビドロテストステロンの特性を見てみると、ハゲ化、体毛の増加、皮脂の分泌など、若い頃には見た目には現れなかった身体的特徴を助長させます。つまり「オヤジ化」です。このジビドロテストテロンはオナニー(射精)によって分泌が促進されます。

余談ですが、テストステロンは年齢とともに分泌量が減少していきます。

20代にテストステロンの分泌量のピークを迎え、年々その分泌量は低下していきます。これは男性の外見の変化を考えるとイメージしやすいですが、10代〜20代は男性としての魅力が最も引き出される時期であり、多くの男性がハゲ、脂肌、ヒゲに悩まされることはありませんが、年を重ねて行くとともにオヤジ化が進行していきます。

これらの条件を元に考察するに、「オナ禁効果の真髄とはテストステロンの分泌量を増やし、ジビドロテストステロンの分泌量を抑制すること」で真のオナ禁効果を得られることがわかります。

いつまでも若わしく、女性から好かれる魅力的な男性であるためにはテストステロンが重要なとなってくるわけです。

 

オナ禁効果を得られるまでの期間

前章でも紹介したようにオナ禁効果の重要なファクターはテストステロンの分泌を促進させ、ジビドロテストステロンの分泌を抑制することが最終的にオナ禁効果へと繋がります。

ちなみにテストステロンはオナ禁を長期間に渡り実施することで、体内での分泌量が促進され、逆に「ジビドロテストステロン」はオナニーをすることによって分泌が促進されてしまうホルモンです。

なので、まずはテストステロンの分泌量が増え、オナ禁効果が目に見えて現れる期間はどの程度なのか?について調査していきたいと思います。

面白い研究結果があります。

上記のグラフはオナ禁とテストステロンの上昇が相関を表しているグラフです。(※ハワイ大学の研究機関によって発表された論文から抜粋)

研究結果によると「テストステロンレベルが最も高い値に達したのは射精後7日目である。」を記載されています。

考察

グラフを見ても分かる通り、テストステロンの分泌量の増減は射精後〜5日目まではあまり期待できません。しかし、6日目以降までオナ禁を継続することができればテストステロンの分泌量は飛躍的に増加します。

なので、もし「オナ禁をしても効果が現れない・・・」という方がいたら、もしかしたら下記のような共通点があるのかもしれません。


  • オナ禁を1週間継続できてない人
  • 正しいオナ禁方法を実践していない

「正しいオナ禁方法!?」と疑問に思われる方もいるかと思いますが、これについて次章ご紹介していきます。

その前、確かに研究結果から、オナ禁効果の元となるテストステロンの増加が見られるのはオナ禁7日目であることはわかったが果たして、本当にオナ禁効果は7日目に現れるかというと、個人的にはそうは思いません。私自身の実体験では、「オナ禁効果が目に見えて現れるのは最低でも3週間は必要!」だと思います。

なので、「オナ禁期間1週間説」に対して疑り深い私は、オナ禁している、したことがある人たちのレビューや口コミを期間別効果をまとめて見ました。

 

オナ禁期間別効果をエビデンスを元にまとめて見た〜オナ禁実践者たちの記録〜

 

本章では、オナ禁7日目説を真っ向から否定するがごとく、実際にオナ禁経験談を元に「機関別にどのようなオナ禁効果が現れるのか?」について言及して行く。

 


オナ禁1週間目…寝起きが良くなる、ヒゲの伸びが遅くなる、女性のストライクゾーンが広くなる、汗をかかなくなった、ニキビができにくくなる、髪質改善、ストレスを感じなくなる

 

オナ禁3週間目…抜け毛がなくなる、肌質が良くなる、睡眠時間が少なくても(3〜4時間)元気、筋肉がつきやすくなった、頭の回転が早くなった、ベタつく汗をかかなくなった、足が早くなる、ポジティブ思考、体毛が薄くなる

 

オナ禁1ヶ月目(30日目)…表情が明るくなる、集中力が上がる、記憶力が良くなる、シコる気が起きなくなった(性欲が薄れる)、感情表現が豊かになる、声にハリが増した、コミュニケーション能力の向上、夢を見やすくなる(レム睡眠状態)⬅︎スーパーサイヤ人効果!

 

オナ禁3ヶ月目…五感が鋭くなる、以前よりも食べ物が美味しくなった、耳が良くなる、顔の形が変わりだした(イケメン方向へ)、中性的な顔つきになった、姿勢が良くなった、相手の思考が読み取れる、記憶力が増した、体型が変わった


 

実際にオナ禁効果を体感した人たちの口コミをまとめて見ると上記のような結果になった。

まず、科学的なエビデンスがあるオナ禁7日目の効果を見てみよう。効果の1つに「ヒゲの伸び」に関する記述があるが、確かにヒゲの発生はホルモン分泌によるところが大きいと言われいる。そのため、ホルモン分泌によりもたらされる「ヒゲ」や「髪質」に関する効果が現るのもこの頃かもしれない。

その他に「寝起きが良くなる」などの効果も見受けられる。よく「オナニーをすると100mを全力ダッシュした時と同じ疲労感」が言われているが、毎晩オナニーをしていれば翌朝に疲れをハンドオーバーすることも想像に難くない。1週間もするとその疲労感が抜けて、寝起きが良くなるのも頷ける。

またその他の効果については自律神経によるところが大きいと考えられる。オナ禁と自律神経の関連性について執筆した記事があるので、興味がある人がいたら是非一読してほしい。

 

3週間目以降の効果について見てみよう。全体的に見ると外見的な変化が現れるのはオナ禁3週間目までのようだ。主な男性の容姿的な悩みごとである「ヒゲ」「髪質」「体臭」「ニキビ(肌質)」「多汗症」「体毛」などはオナ禁を3週間継続することができれば、改善できそうだ。

脱毛剤、制汗スプレー、育毛クリームなどに余計な出費がなくなることを考えるとオナ禁はコスパ最高なんじゃないか?と思う。

 

1ヶ月以降の効果を見て見ると「精神面」「脳機能」に影響を及ぼす効果が多く占めていることが分かる。オナ禁ビギナーの登竜門でもある「スーパーサイヤ人効果」が現れるのも1ヶ月目だと言われている。

この頃になると自信の無い自分にはおさらば!常にポジティブ思考で「俺最強!俺ならなんでもできる!」といった思考に陥る。それに伴い行動力も増し、より外交的な性格になる。まさに根拠のない自信である。

「根拠のない自信?」そんなこと誰がいった!?ここでタチが悪いのが、ポジティブ思考に加え「頭の良くなる」=「コミュニケーション能力の向上」の効果がもれなく付いてくるため、根拠なある自信になるのである。しかし、外交的になり「常に俺最強!」の思考なので、女性にはチャラい男という印象を植え付けてしまうため、本命の女性と会話するときは注意が必要だ。

また自分はジョークのつもりでも相手に心ない言葉を浴びせてしまうこともあるようで、言動には注意しよう!

 

正しいオナ禁のやり方(方法)

オナ禁を継続するにあたり注意点があります。「オナ禁してるけど効果が全く現れない!」、「オナ禁効果なんて嘘だ!」という方、もしかしたらオナ禁の正しいmethodを抑えていないのかもしれません。

本章ではオナ禁効果を最短で最大限に発揮するためにオナ禁の注意事項についてご紹介いたします。

まずオナ禁を実施する前提条件として、テストステロンの分泌量を増加させ、ジビドロテストステロンの分泌量を抑制させることを念頭にオナ禁を継続させます。

つまりその間(オナ禁継続中)にジビドロテストステロンの分泌を促すような行為は控え、積極的にテストステロンの分泌量を増やすことに固執する必要があります。なので、その2つの視点から真のオナ禁methodについてご紹介します。

 

テストステロンの分泌量を増やす方法3選

「オナ禁効果のテストステロンの分泌量を活性化させることで得られる効能」と説明した通り、本章ではオナ禁+αで相乗効果を発揮する方法についてご紹介します。これから紹介する方法を実践すれば、「オナ禁効果を実感できなかった人達」も必ずオナ禁効果の恩恵を受けられるでしょう。

 

筋力トレーニング(筋トレ)する

日本人男性が外国人女性からモテないのは有名です。これは日本人男性のテストステロン値が総じて低いことが原因であり、諸外国の男性のテストステロン値は日本人男性と比べても極めて高いです。

では「なぜ日本人男性のテストステロン値が低いのか?」

答えは簡単です。「筋トレをしていないからです。」

例えば、アメリカを具体例に挙げて見ましょう。アメリカ人=マッチョという印象はないでしょうか。更に、多くの人は「外国人がマッチョな理由は遺伝子の問題である」と考えています。もちろんそれも正しいですが、本当の理由は「外国人は筋トレ(ワークアウト)が生活の一部になっている」ことです。

アメリカの筋トレ人口は全体の6割に上るとも言われており、その大半が週に2回以上ジム通いをしているという調査があります。果たして日本人の何割が普段より筋トレをすることを心がけているでしょうか。

と余談はここまで、

テストステロンの分泌を促進させるために最も効果的なのは筋トレです。具体的に言えば、「短時間高負荷トレーニング」が効果的だと言われています。もちろんランニングなどの長時間の低負荷トレーニングも効果がないとは言いません。

面白い研究結果があります。

ある研究研究機関が30人のアスリートを対象に筋トレ前と筋トレ後の17時間のテストステロン値を血液サンプルから分析したところ、筋トレ後の方が高いテストステロン値を表すことがわかりました。

と実験結果からテストステロンの増幅させるのに筋トレが効果的であることが分かります。

「ジムに通え!」と一言言えば済みますが、実際に金銭的な事情や時間的な問題も含め、ジムに通えない人が少なからずいるはずです。なので、自宅でも簡単に出来る「短時間高負荷トレーニング」を紹介します。

自宅でも出来る短時間高負荷トレーニング


  • 腕立て伏せ(Push Up)
  • スクワット
  • 腹筋/アブローラー
  • ダンベルカール
  • ダンベルスクワット
  • 懸垂

など、腕立て伏せや腹筋などの自重トレーニングに加え、ダンベルやアブローラーなどの費用面でも手を出しやすい器具を使用した筋トレ方法を紹介しました。自重トレーニングでも十分にテストステロンの値を上げることは可能ですが、それ以上の負荷をかけるとなると、やは簡易的な器具が必要となります。ちなみダンベル購入するなら、私も愛用していますが「TIZ STYLE」がオススメです。

\\自宅でも使える筋トレ器具を購入するならコチラ//


趣味に没頭する

サムネの通り、ゲームをしろ!とは言いませんが、趣味に没頭することでテストステロン値の底上げをすることができます。そもそもテストステロンは男性の闘争心・好奇心といった感情を支配するホルモンです。

新たなことに興味や関心を抱き、挑戦することでテストステロンの働きが活性化し、良い意味で男性らしさを引き出してくれるでしょう。

  • 新しい仕事に挑戦してみる
  • 資格の勉強をしてみる
  • 今まで交流のなかった人と話してみる

など新たなことに挑戦するとテストステロンは活性化します。

また、趣味に時間を割くことで、「暇さえあればオナニー」の悪循環をなくすことができるので一石二鳥ですね。

 

栄養素を取る

もちろんテストステロンはホルモンなので、口から摂取出来る食べ物からも分泌量を活性化させることは可能です。私も最初は筋トレなんてめんどくさい!と思ってテストステロン増幅サプリメントの摂取から始めました。

栄養素

  • 亜鉛
  • アルギニン
  • マカ
  • トンカットアリ

亜鉛

亜鉛がテストステロンの分泌を活性化させることは有名ですね。亜鉛を多く含む代表的な食べ物で言えば「牡蠣」ですが、別名海のミルクとも呼ばれ、古くから精力UPに効果的な食べ物と言われいます。実際に韓国の研究機関による研究結果(Chang et al. Biol Trace Elem Res. 2011)では「髪の毛に含まれる亜鉛濃度が高い男性はテストステロン値が総じて高い」と報告されています。

アルギニン

アルギニンはテストステロンを活性化させる上で重要な役割を果たす栄養素だと言われており、スーパーアミノ酸とも呼べれ、アミノ酸の一種です。アルギニンは年を取るに連れ、体内での分泌量が減少し、30代を迎える頃には分泌されなくなります。

冒頭でも説明したようにテストステロンの分泌量も30代以降に激減するのと比例しますね。多くの男性はこの頃からオヤジ化が進行するのではないでしょうか。

 

マカ

マカは南米ペルーを原産とする植物で、スーパーフードとして世界中で注目を集めていますね。別名「天然のバイアグラ」とも呼ばれ、精力増強や滋養強壮に効果的な栄養源です。またホルモンバランスを調整し、自律神経を安定させる効能があり、精神面へも大きな好影響を及ぼします。

 

トンカットアリ

トンカットアリはマレーシア原産のハーブの一種で、現地の人々からは男性の魅力を引き出す食材として古くから現地の男性に親しまれてきました。女性ホルモンを増加させるタイ原産のプエラリミリフィカの男性ホルモン版のようなイメージですね。
トンカットアリにはホルモンバランスを整える効果、体調を整えることとしても有名で多くのサプリメントに使用されており、テストステロンの増加にも一役を買います。

また別記事でテストステロンを増加させる食べ物についても紹介している記事があるので是非参考にしてみてください。

 

テストステロンを増加させる最強のサプリメント


それがこの「ヒガリスブースター」です。過去の数々のテストステロン増幅サプリを服用してきましたが、最も効果が顕著に現れたのが「ヒガリス」です。実際に成分表を見てみると・・・

成分表の表記にマカ、トンカットアリ、亜鉛、Lアルギニンとテストステロンの分泌量を促すのに必要な栄養素が全て含まれていることが分かります。アルギニン単体を含むサプリメントは多いですが、マカ、トンカットアリ、亜鉛、アルギニンのすべての栄養素を含むサプリメントはほとんどありません。また注目すべきはアルギニンの含有量です。1カプセルの中に含まれる含有量が50mgと極めて高く、他サプリだと10~30mgがほとんどです。

\アマゾンや楽天などの大手通販よりも安い!オナ禁効果を最大限に発揮するサプリメント/

 

ジドロテストステロンの分泌量が抑制する方法3選

ジビドロテストステロン、通称「ブサイクホルモン」男性のオヤジ化を促進させるホルモンです。世の男性の大半の悩み事はこのジビドロテストステロンが原因だと言われています。「ヒゲ」「ハゲ(脱毛症)」「脂汗」「脂肌」「ワキガ(体臭)」「体毛の濃さ」など原因はジビドロテストステロンです。本章ではジビドロテストステロンの分泌を抑制する方法についてご紹介します。

 

エロ禁する

オナ禁継続中の最大のタブー「エロ画像」、「エロ動画」を見る!これをしたら、オナ禁自体の意味がなくなってしまいます。「射精をしていないからジビドロテストステロンは増えないんじゃないの!?」←この考え、今すぐ改めてください。

射精以前に「エロいこと考えた時点でジビドロテストステロンは増えます!」

もし、毎晩エロ動画を見て射精をせずともマスターベーションをして、「今日もオナ禁を継続できた!」という人がいたら、オナ禁効果の恩恵をあなたは受けられないでしょう。おそらく、オナ禁しているのに効果が出ない!という人は、このポイントを抑えられていない人が大半なのではないかと思います。

 

豆乳を飲む

豆乳にはイソフラボンと呼ばれる女性ホルモンの「エストロゲン」と似た働きを持つ物質です。エストロゲンは別名「美のホルモン」とも呼ばれ、ジビドロテストステロンとは真逆の効能を持つホルモンです。詳しくは下記記事をご参照ください。

それはエストロゲンと同様の働きを持つイソフラボンにも言えることです。イソフラボンにはジビドロテストステロンを抑制する働きがあり、性欲を抑えることができます。もしオナニーが我慢できない時は豆乳を飲んで心を落ち着かせることができます。1週間も飲み続ければ性欲が減退し、より楽にオナ禁を継続することができます。

 

女性ホルモンを摂取する

女性ホルモンは主に2つのホルモンによって構成されています。「エストロゲン」「プロテスゲン」の2種類のホルモンです。簡単に説明すると前者の「エストロゲン」が男性ホルモンでいう「テストステロン」、後者の「プロテスゲン」は「ジビドロテストステロン」に該当します。「エストロゲン」については前章でも少し触れましたが、別名「美のホルモン」とも呼べれており、女性の美しさを引き出すホルモンです。

男性にもごく少量ですが「女性ホルモン」が分泌されています。そのうちの「エストロゲン」を活性化させることで「ジビドロテストステロン」の抑制させることが出来ます。

どうやって「エストロゲン」の分泌を活性化させるの?

男性が女性ホルモンである「エストロゲン」の分泌を促進させるためには女性ホルモン or 女性ホルモンを活性化させる栄養素を摂取する以外にありません。しかし、ホルモン注射や女性ホルモン剤など効果の強すぎるものについては今回は割愛させていただきます。

女性ホルモンを活性化させるサプリメントプラセンタ

プエラリアミリフィカ

よく男性の中には女性ホルモンを摂取すると「種無しになるんじゃないの?」と心配される方がいつかとは思いますが、上記でご紹介したサプリメントに限っては、心配ありません。(;ホルモン剤や注射は別ですが・・・

 

まとめ

みなさんいかがでしたでしょうか。本日はオナ禁における効果と方法についてご紹介してきました。オナニーは男性にとっての楽しみの1つでもありますが、男性にとって外面的にも内面的にも悪影響を及ぼす行為でもあります。もし、人生に満足度が低い方は是非オナ禁を実践して見てはいかがでしょうか。初めは1週間から始めて、度々に日数を増やしていくことでストレスを溜めずにオナ禁を継続することができると思います。千里の道も一歩から、まずは1日1日研鑽を積んでいくことが重要です。



オナ禁効果を最大限に高めるサプリメントを最安値で購入できるのはこちら!