月5万円の副業〜古着転売の実態とは!?〜

2018年4月30日

f:id:stonesharp-man:20180303082438p:plain
みなさんこんにちは転売ヤーのnagiです。今日は私が副業として転売を始めたときに初めて取り扱った商材 古着 についてご紹介しています。古着の転売と聞いてみなさんは何をイメージされるでしょうか。そもそも古着って一度誰かが着た服でしょ?本当に売れるの?と思われる方もいるでしょう。はっきりを言います!古着の転売は儲かります!
転売関係の副業がメディアで報道される際に必ずといって紹介されるのが、この古着です。みなさんも主婦の方が古着の転売で稼いでいるニュースや記事などを一度は目にしたことがあると思います。メディアに取り上げられるということはそれなりに転売の商材として古着が儲かる証拠なんです!
なので今日は古着を扱った転売手法についてご紹介いたします。

古着転売は儲かるのか?

f:id:stonesharp-man:20180303084840p:plain
みなさんの地元や周りにも古着を取り扱う店舗はあるのではないでしょうか。主に古着屋での一般的な古着の価格は500~1000円で定価数万円するようなハイブランドの古着でも1000~5000円くらいで買えてしまうのが古着屋の良いところです。
また近年は空前の古着ブームで、使い古しのMA-1やダメージデニム、スウェットなどを着こなしているスナップショットをファッション雑誌でよく目にします。もちろん、30~40代の方でも、ヴィンテージのレザージャケットやダメージデニムなどをファッションに取り込んでいる人がいますね。みなさんの周りにも古着を取り入れたファッションでおしゃれな方がいるのではないでしょうか。
ちなみに古着の転売価格はというと、有名ブランドでなくとも2000~3000円、ハイブランドのものなら3000〜7000円で市場で取引されています。もちろんブランドや状態などによって、価格差はありますが、売れるものなら仕入れ価格の2~3倍の価格で転売できます。
上にメルカリの商品ページを貼りましたが、これは古着とワードを入れて検索して出て着た結果ですが、おおよそ筆者の予想通り2000~3000円ぐらいの価格帯で売りに出されている古着が多いです。古着が3000円で売れるの!?と驚かれたかもいるかもしれません。事実古着はこれくらいの価格帯で出品に出しても普通に買い手がつきます。
今度古着屋を見つけたら是非立ち寄ってみてください。思わぬ掘り出し物が見つかるかもしれませんよ?かくいう私は古着屋のあの寂れたヴィンテージ感のある店内がとても好きで、古着の持つ独特な匂いを嗅ぐ妙に心が落ち着きます。

古着転売で売れる商材の探し方

f:id:stonesharp-man:20180303161505p:plain
もちろん古着転売で稼ぐには、手当たり次第に古着を仕入れれば良いというわけではありません。ココで転売の醍醐味でもある目利きが試されるんですね。ヴィンテージ物ののデニムや革ジャンなどがまさにそうです。しかし、目利きなんて無理!という方々のために古着転売で儲けられる商材の探し方お教えします!

仕入れてはいけない物

まず古着転売で売れる商材を探すにあたり、仕入れてはいけない物があります。それらにはいくつか特徴があるのでご紹介します。

  • ファストファッション
  • 本物か偽物の判断がつきにくい物
  • 地味なもの
  • サイズが小さい物

ファストファッション

f:id:stonesharp-man:20180303162225p:plain
みなさんも一度は聞いた、着たことのある有名ファストファッションブランド、ユニクロ、H&M、ZARA、GU、GAP、FOREVER21などなど、ではなぜこれらのアイテム仕入れてはいけないのでしょうか。その理由は、3つあります。
1つ目は市場流通量の多さ、2つ目は付加価値がつきにくい、3つ目買い手がつかないの3点揃いのデメリットがありあます。ファストファッションは、どこでも、いつでも、誰でも、低価格で量産されたアイテムが手に入るファッションブランドのことを言います。もう転売ヤーからしたら、最悪の商材です。簡単に手に入れられる商材(限定品でない物)がメーカーが販売している定価の以上の価格で売れるはずがありません。
よくよく考えてみてください、みなさんがヤフオクやメルカリなどのフリマアプリでファストファッションブランドの衣類を出品する時、商品紹介にブランド名を書くとします。買い手はその商品説明を読んで、「なんだ、この洋服ユニクロで買えるんだ。」と思い、顧客はあなたの出品した服を購入せず、そのままユニクロへ買いに行くでしょう。
もちろん例外はあります。以前、H&MとKENZOのコラボ商品が発売されました。この商品は限定品だけあり、市場でプレ値で取引されていましたので、ファストファッションブランドの古着を仕入れる際はコラボ商品などの限定モデルなのか等、入念なリサーチをする必要がありでしょう。ちなみに以前筆者のブログで、Supremeのコラボグッズの転売についての記事を書いたので、リンク貼っておきます。

本物か偽物の判断がつきにくい物

f:id:stonesharp-man:20180303164505p:plain
ファストファッションと比べて、ハイブランドの人気商品の古着を仕入れる際も、注意が必要です。上の写真はカナダグースと呼ばれるブランドですが、このカナダグースのダウンアウターを定価で仕入れようとすると8万円位します。中古市場でも4~6万と価値が落ちにくく、安定したブランド力を持っていますが、とても偽物の数が多く、よくヤフオクやメルカリなどで、7000~20000円くらいの価格で出品されていたします。
当時古着転売を始めたての頃は「やけに安いなぁ」と心配になりました。こういった価格帯で売られているカナダグースは基本私は偽物だと思っているので、出品者へロゴの写真も提示するよう求めたりしません。しかしタチの悪い出品者は偽物にもかかわらず、4,5万円で出品している人もいます。こういった商材は注意が必要で、本物と偽物を判断できる画像と何年のそのシーズンのモデルかなど、聞き込まないと痛い目に会います。やはり有名ブランドの人気モデルにもなると偽物が出回るんですねぇ、みなさんも注意してください。
もし、みなさんが偽物だと気付かず、仕入れた商品が売れてしまった時は、バレなければなんともでもなりますが、バレた時が恐ろしくめんどくさいです。なので、偽物か本物か見分けがつかない商材に関しては仕入れるのは控えましょう。(;売れたあとで、偽物と知らなかったでは済まされません。仕入れる前は入念なチェックをしましょう。

地味なもの

近年の古着ファッションブームは、私服にダメージの入ったボロボロのデニムなど、特徴的なジャケット、コートなどのアウターなどをワンポイント入れるコーディネートが流行りです。そのため、特徴的出ないアイテムは古着の転売はあまり買い手がつきにくいです。具体的にスナップショットやファッション雑誌を見ているとヴィンテージもののリーバイス500,501や古いアディダスのロゴの入ったナイロンジャケットなどが人気です。こういった商材は古着屋でも3000円くらいで販売されており、ヤフオクやメルカリなどのフリマアプリで売ると7000~8000円で取引されることも多いので、仕入れることができれば、高確率で高い利益を上げることができるでしょう。

サイズが小さいもの

これも地味なもの同様、今の古着ファッションの流行には小さいサイズのアイテムが取り入れられていなのが主な原因です。ヴィンテージのリーバイスにせよアディダスのナイロンジャケットもサイズが大きめのものを着用している方々が多いです。実際に、私が取り扱っている古着商材でも、サイズが小さいアイテムよりも大きなアイテムの方が買い手がつきやすいです。こういった時流や流行を考えたアイテムを仕入れることがフル転売において重要です。

メルカリを使った売れる古着の探し方

f:id:stonesharp-man:20180303173146p:plain
この記事の中で、時折出てくるワードがメルカリ、ヤフオクです。私はファッション雑誌を見て、流行のアイテムを取り入れることもありますが、主に、古着転売において活用しているのが、このメルカリ、ヤフオクなどのフリマアプリです。これを活用する利点としては、自分が仕入れようとしている古着の市場流通価格を調べられることが利点です。ファッション雑誌のスナップショットを見ても、古着の価格は記載されておらず、どこどこのどのお店で購入したなど、古着の、購入先の情報しか記載されていません。なので私のオススメの売れる古着の探し方は、まずファッション雑誌で流行の大枠
を見て、そのあと流行に沿ったアイテムの価格をインターネットなど、メルカリで調べるのが最も効率的な方法であると思います。
ちなみに過去のメルカリの使用方法について執筆した記事もあるので、ぜひご参考にして見てください。

最後に

みなさんいががでしたでしょうか。今日は転売において最もポピュラーな商材、古着に焦点を当てて執筆してきました。これから、古着転売を始めようとしている皆さん、まずは古着を仕入れて転売するのではなく、自宅にある使い古しの古着を売って見てください。もしかしたら、思わぬ高値で売れてしまうかもしれませんよ?今まではゴミとして捨てていた古着、古着でkgあたり数十円で買取をしていたであろう古着が思わぬお宝に変身してしまうかもしれません。
今後も、みなさんのお役に立つ稼げる副業情報をどんどん執筆してまいりますので、よろしくお願いいたします。
HAVE A NICE DAY!