女性ホルモンを増やすために摂取すべき5つの食材とは!?

2018年5月1日

f:id:stonesharp-man:20180317194249p:plain
みなさん、こんにちはnagiです。「あなたのホルモンバランスとれていますか?」ホルモンバランスが身体に与える影響は大きいことが最近の研究でもわかってきました。今日は近年注目されている女性ホルモンを多く含む食品についてご紹介していきます。

女性ホルモンとは

f:id:stonesharp-man:20180319220001p:plain

女性ホルモンは肌や身体はもちろんのこと、心から脳にまで様々な影響を及ぼす物質の総称です。この女性ホルモンは卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(ゲスターゲン)の2種類から形成されています。

今回は「美のホルモン」と呼ばれる女性らしい体を作るために必要不可欠なエストロゲンについてご紹介します。

エストロゲンの働き

エストロゲンは主に思春期の頃から分泌され始め、20〜30代にかけて、安定して分泌され続けます。女性にとってはこのエストロゲンが分泌されている時期が妊娠、出産に適している時期と言われています。エストロゲンには下記のような働きがあります。

  • 思春期に乳房を発達させる、乳腺の発達をうながす
  • 肌や髪がツヤツヤになる
  • 女性らしい身体を形成する
  • 自律神経を安定させる
  • 骨を丈夫にする
  • 脳の働きを活発にする

 逆にエストロゲンの分泌量が少なすぎると・・・

  • 乳腺の発達が止まる
  • 肌や髪のツヤがなくなる
  • 抜け毛が増える
  • 自律神経の乱れ
  • 骨粗しょう症にかかりやすくなる
  • 認知症のリスクリスクが高まる

など、脳から分泌されるエストロゲンの多少により、私たちの心体に及ぼす影響に変化が見られます。

また、成長期における身長の伸びもエストロゲンが強く作用していると言われています。思春期における女性の身長の伸びが男性より早いですが、骨端線の閉塞も男性より早いため、結果的に平均身長は男性の方が高くなります。これも思春期における女性ホルモンの分泌量が多いことが要因とされています。

女性ホルモンを多く含む食材

前章でも紹介したように女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量が増えることによって、得られる効能は非常に魅了的なものばかりです。本章では「美のホルモン」とも呼ばれるエストロゲンをドバドバ分泌させちゃう食べ物についてご紹介していきます。

大豆製品

f:id:stonesharp-man:20180319225312p:plain

多くの人が女性ホルモンからイメージされる食材を考えた時に、思いつくのが大豆製品ではないでしょうか。大豆製品はイソフラボンと呼ばれるエストロゲンとよく似た働きをする物質を多く含みます。

代表的なもので、納豆、味噌、豆腐などがあります。また、最近流行りの調製豆乳などもイソフラボンを多く含んでいます。

f:id:stonesharp-man:20180319225804p:plain

豆乳が苦手という方も、上記のように様々な種類のフレーバーの調製豆乳が販売されていますので、ジュース感覚で手軽に女性ホルモンを摂取することができます。

キャベツ

f:id:stonesharp-man:20180319230122p:plain

キャベツが女性ホルモンを増やす!と聞いて以外かと思われた方は多くいると思います。キャベツの栄養素はビタミンCや食物繊維などがイメージとして先行されがちですが、実はこのキャベツ、「ボロン」と呼ばれる栄養素も含みます。

ボロンは女性ホルモンを活性化させる働きを持ち、芸能人やモデルの中でもキャベツを食べて、「肌がツヤツヤになった」「バストアップした」など声がよく聞かれます。

ナッツ類

f:id:stonesharp-man:20180319230955p:plain

ナッツ類は若返りのビタミンとも呼ばれるビタミンEを多く含んでおり、美容効果の高い食材としても知られています。

また、ビタミンEとビタミンCを一緒に摂取することにより強い抗酸化作用をもたらすと言われています。具体的な効果として、肌のハリが増したり、血行促進の効果もあるといわれており、それが若返りのビタミンとして呼ばれる所以かもしれませんね。

海外のセレブや有名モデルなども朝食はナッツとヨーグルトのみという方が多く、最近はナッツへの注目が高まりつつあります。

青魚

f:id:stonesharp-man:20180319232545p:plain

青魚には多くのビタミンB6が含まれています。ビタミンB6には女性ホルモン(エストロゲン)の分泌を促進する働きがあります。

特にビタミンB6を多く含み女性ホルモンの活性化を促す魚は、マグロやカツオ、秋刀魚、さば、サーモンなどが挙げられます。

以前テレビ番組でサバ缶好きの女性が登場した時に年齢とは思えない若さのある肌で一躍話題となっていました。栄養素としてはビタミンB6に加え、血液をサラサラにする不飽和脂肪酸、脳の働きを活性化させるDHAなどが含まれています。

f:id:stonesharp-man:20180319234801p:plain

卵はエストロゲンの材料となる良質なコレステロールを豊富に含む食材です。卵はビタミンCと食物繊維以外のすべての栄養素を含む食材として「完全食」とも呼ばれる食材で、食べ物の中でも大変優れた食材です。

また、加熱後の卵黄はビオチンという栄養素を多く含みます。このビオチンは美肌を作る効果があり、皮膚や髪の健康にとても良い栄養素です。

番外編〜サプリメント〜

ここまでは一般的な食事でも摂取できる女性ホルモンを含む食材についてご紹介してきましたが、これらの食材を食べて、目に見えて効果が発揮し出し始めるのには半年〜1年間と長い年月の間、継続的に食べ続けなければなりません。

この章では、「そんな長い間待ってられない!すぐに女性ホルモンを増やしたい!」という方のために、短期間で即効性の見られるサプリメントについてご紹介します。

私の経験上では1ヶ月も続ければ、目に見えた効果が得られると思います。

そのサプリメントとは・・・

プラセンタ

です。プラセンタ(Placenta)とは日本語で胎盤を指します。プラセンタの効能は女性ホルモンの働きの章で紹介したように、「肌のツヤやハリが増す」「髪の毛がサラサラになる」「体臭改善」などの効果が顕著に現れます。また男性の方でも「中世的な顔つきになる」「ヒゲの伸びが遅くなり、薄くなる」「抜け毛改善」などの効果も顕著に見られるそうです。

私も経験上2~3週間で上記のような効果が得られました。

\\ネットで話題のプラセンタ//


最後に

みなさんいかがでしたでしょうか。今日は女性ホルモンを多く含む食材について幅広く紹介してきました。正直、当時の私は「女性ホルモン」を都市伝説と疑っていましたが、実際に使用してみるとその効果は目に見えて現れたので驚きました。ぜひみなさんも女性ホルモンを増やして、充実した生活を送りましょう。

これからも日常生活の中でのお役立ち情報をじゃんじゃん執筆してまいりますので、どうぞよろしくお願いします。